通院開始後 1年くらい

パニック障害を発病してから1年後くらいの出来事をお伝えします。

まだ治らないですね

初めて病院に駆け込んでから1年。

「リーゼ」という抗不安薬を朝昼晩と3回飲み、パニック障害の症状が出たら又は、症状が出そうだなーと思った時に頓服で1錠追加。

病院にも月に1回通って、先生に経過を報告して話をしたり、アドバイスをもらったり。

このサイクルが自分の中で定着してました。

発作もやはり相変わらず出ます。でも薬を飲んでいる安心感なのか、症状自体は辛いのは変わらないのですが、以前より大分心に余裕が出てきていました。

違う薬飲んでみます??

「リーゼ」という抗不安薬ですが、休みの日は朝1回だけ飲むだけにしたり、調子がいい時などはお昼飲むのを減らしたり、など最初から頓服として処方されていたので減薬も少しづつやっていました。

そんな中、先生から「セパゾン」という薬を提案されました。

薬には

・半減期:いわゆる薬が効いている時間の長さ。薬の成分が血液中から半分になる時間ですかね。

・強さ:そのままですね。薬の効果の強さですかね。

があるようです。

「リーゼ」は半減期が約3から6時間程度。強さは弱い。という薬らしいです。

つまり、1日中効果を求めるなら、半減期からいうとちょうど朝昼晩の3回飲んでいる必要があるようです。

私はちょうど、朝昼晩に飲まない日も出てきていたので、それを伝えると、だったら半減期の長い物へ変えてみようと「セパゾン」を勧められました。

「セパゾン」の半減期は約16時間。強さはリーゼより少し強い。とのことです。

朝飲めばまぁまぁ夜まで効果は残っていそうです。

さらに、半減期が短い薬より、長い薬の方が依存性が弱いとも言っていました。もちろんいつかは薬なんて飲まないでいい体になりたいので、先生の言う通りに試してみることにしました。

※薬については他のちゃんとした専門の方の情報を参考にしてください。私は素人なので、先生に言われたことをそのままお伝えしているだけです。

セパゾンを飲んでみる

新しく飲む薬なので、いきなり会社がある日だと不安だったので、休みの日の朝に飲んでみました。

初めてリーゼを飲んだ時はめまいがしたのですが、今回はそれもなく、全くいつもと同じ。何も変わらなかったです。

休みの日なので、パニック発作が起こる要素もあまりなかったのですが、これなら置き換えても大丈夫かな。と思ったので、この日からセパゾンを朝に飲むようにし、リーゼは完全に頓服として服用することにしました。

平日の最初の2日くらいはセパゾンを朝飲むだけで平気でした。

でも私にとっては電車がやはり一番パニック症状が出るので、朝の電車通勤の時に発症してしまいました。これがきっかけで、リーゼも朝だけセパゾンと一緒に飲むようにしました。

セパゾンとリーゼを朝飲む。この組み合わせでしばらく過ごしました。

結果としては、リーゼを朝昼晩と最低3回飲んでいたのが、朝一回に減って、代わりにセパゾンが一回増えただけ。

パニック症状もあまり変わらず、出る時は出る。その時は頓服でリーゼ追加。

全く変わらないですね。

変わらないと言うことは、セパゾンが私に合わないわけではない。と思い、先生が言っていた半減期が長い薬の方が辞めやすい。というのを信じて、この組み合わせでまたパニック障害と付き合っていくわけです。

これからこの記事を書いている頃まで約2年間。基本的にはこの組み合わせで今に至ります。

なかなか付き合いが長い病気です。でもいつかは治ることを信じて、日々過ごしています。

それでは、引き続き、少しでも私のようにパニック障害になっているかたの力になれればと思います。